歯周病治療

歯周病は歯周組織が細菌に感染し、
歯槽骨がとけて膿がでたり歯がぐらつく病気です。
自覚症状がほとんどないまま進行するので、
気づいたときには深刻な状態におちいっていることもめずらしくなく、
日本人(40代以上)が歯を失う最大の原因となっているほどです。
当院では大学病院の歯周病の分野で博士号を取得し、
歯周病手術のオペライターでもあった歯科医師が、
数々の症例経験をいかして歯周病を治療。
重度の歯周炎に対する外科的処置もおこなっています。

ブラッシング指導

おひとりおひとりの歯並びや噛みあわせにあわせて、
歯垢をしっかりとおとせるブラッシングやフロッシングの
仕方をみにつけ、より効果的なセルフケアができるようにします。

スケーリング・ルートプレーニング (基本)

スケーラーで歯石を取り除きます。

歯冠(歯肉のふちより上部分)の歯石をとりのぞくスケーリングと、歯根(歯肉のふちより下部分)の歯石をとりのぞいたあと、その表面をなめらかにしてふたたび歯石が付着するのを防ぐルートプレーニングをおこない、歯周病のリスクを低減します。

歯科外科治療

通常のスケーリング・ルートプレーニングでは症状の改善が難しい場合、歯肉をメスで剥離し、かくれていた歯根を露出させた状態でスケーリング・ルートプレーニングをおこない、より確実に歯石をとりのぞき、ふたたびの付着を予防します。

歯肉をメスで剝離し、スケーラーで歯石を確実にとりのぞきます。

歯周外科治療後のひきしまった歯肉

歯周組織再生治療

歯槽骨がとけるなど歯周組織の破壊がすすんでいる場合、歯肉の剥離と歯根のスケーリング・ルートプレーニングをおこなったあと、処置をほどこした部位に遺伝子組換えヒト塩基性線維芽細胞増殖因子製剤リグロスを塗布します。このリグロスは、たんぱく質の一種で、歯槽骨をはじめとした歯周組織の再生を促します。